×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青山商事

青山商事 株式会社は、三浦友和・樹木希林のテレビCMでおなじみの ”洋服の青山”をチェーン展開する一部上場企業です。青山商事の本社は広島県福山市にあり、紳士服業界では唯一、全国47都道府県に店舗展開をしています。その結果、青山商事は業界第一の売上げを誇り、ギネスブックにも「スーツ販売世界一」の認定を受けるほどです。青山商事は、紳士服を製造から小売を基幹産業とする広島の地場産業の盟主ということがいえます。青山商事の資本金は、およそ625億円。青山商事の売上高はグループ全体での連結売上高およそ2027億円。青山商事の従業員数は、3,108人。とにかく 青山商事は、紳士服業界の最王手企業です。青山商事では、洋服の青山だけでも現在の店舗数が、664店舗もあります。青山商事 株式会社(あおやましょうじ、AOYAMA TRADING CO.,LTD)


激安スーツは、こちら!!


青山商事 株価

青山商事 株価は、青山商事が1987年11月9日に東京証券取引所一部、および大阪証券取引所一部に上場以来 ここ10年間での最高値は、2006年1月16日の4,610円です。青山商事 株価 ここ10年間の最安値は、2000年12月21日の775円です。青山商事 株価は、青山商事の業態が小売業ということでもちろん国内の消費動向などに左右されやすいことでしょう。しかし、青山商事が業界第一位の販売力と信用力で、紳士服業界を牽引して行くと考えられます。したがって、青山商事 株価は急激な下落はないものと思われますが、逆にさらに業績が急成長するとも考えにくく、青山商事 株価は、顕著な推移をするものと思われます。いずれにせよ、青山商事 株価は、日本国内の消費動向に左右されやすいものであると思われます。

洋服の青山

洋服の青山は、青山商事株式会社の主力販売チャンネルで、その数は600を裕に超えます。すなわち、洋服の青山は、日本国中に点在し紳士服の販売網を広げているのです。洋服の青山では、初売りを正月元旦から"福袋”などを販売。洋服の青山 福袋は、1,000円・3,000円・5,000円・10,000円と手ごろな価格の割りに充実の内容で人気を博しています。洋服の青山 営業時間は、店舗によりまちまちですが 早いところで午前9時、おそくとも午前10時は開店します。そして、午後8時ごろまでが洋服の青山 営業時間のようです。洋服の青山では、しばしば半額の文字を見かけます。ただし、これはスーツ二着目から半額であったり、他の割引とは併用ができなかったり、注意が必要なようです。


激安スーツは、こちら!!


Copyright © 2008 洋服の青山は、ハンサムスーツ タイアップ